裏方の仕事|テレビ番組への様々な出演方法や裏方の仕事内容について知る

テレビ番組への様々な出演方法や裏方の仕事内容について知る

レッドカーペット

裏方の仕事

ステージ

テレビ番組において、ディレクターは撮影現場での指揮をとっていく役割を果たします。テレビ番組の制作では、美術担当や照明担当など様々な役割のスタッフが一斉に動きます。そういったスタッフに対して適切な指示を出し、テレビ番組の撮影を進行させていくのです。場合によっては出演タレントに演技指導を行なったりすることもあります。その点から、もし念願叶ってタレントになった際には、タレントとディレクターとの関係が深いものであることを実感する状況が発生するのではないでしょうか。
では、ディレクターの皆さんはどうやって業界に入ったのでしょう。現在、ディレクターの多くは制作会社もしくはテレビ局で働いているといわれています。両者には入る際の条件に違いがあります。テレビ局に入るには大卒でなければならないというのが一般的です。
一方、制作会社は短大卒や専門学校卒である場合もあります。ディレクター志望で入社した場合は、はじめにアシスタントディレクターとなり、ディレクターの補佐となることで下積みをしていきます。おおよその目安として、5年程度の経験を経てディレクターへ昇格するといわれています。
ディレクターには、より人々の心を掴むテレビ番組の制作が求められます。時代の動きを読み、最先端の技術を活用し、豊富な発想力を用いて仕事をするという、正に才能と努力が求められる職業です。そういったディレクターの仕事内容を知ると、テレビ番組の制作がどのようなものか、そして、自分はどうやってそこに携わっていくかのイメージが明確になっていくのではないでしょうか。